著者:SmartFLASHジャーナル研究所 2022年1月18日更新

カテゴリーマッチングアプリSmartFLASHジャーナル

マッチングアプリに疲れた!続けるのがしんどい、めんどくさい原因と解決策まとめ

SmartFLASHジャーナル編集部

アップロード日2021/10/28

スマホ1つで手軽に出会いを探せるマッチングアプリですが、様々な人とやりとりをしたり理想の相手を探し続けた結果、疲れてしまってやる気が出なくなってしまったという人は結構多いのではないでしょうか。

こういった「マッチングアプリ疲れ」は、マッチングアプリで出会いを探している人なら誰にでも起こりうることです。

今回は、そんな「マッチングアプリ疲れ」が起きてしまう原因、そして対処法をご紹介します。是非参考にしてくださいね。

「マッチングアプリに疲れた」という人は多い

マッチングアプリは、スマホだけで気軽に始めて出会いを探すことができるアプリです。

しかし、マッチングアプリで実際に恋人ができるまでに何人もの異性とやりとりしたり、「いいね」を送ったりしなければいけません。

そうしたマッチングアプリでの毎日の作業に苦痛やストレスを感じてしまうのは当然だと言えます。

「マッチングアプリ疲れ」の5つの特徴

それでは、「マッチングアプリ疲れ」とはどんな状態のことなのか、主な特徴を5つご紹介します。

メッセージのやりとりが面倒

メッセージのやりとりは、マッチングアプリにおける異性との唯一のコミュニケーション方法です。

そのため、マッチングアプリで出会いを探すにはメッセージのやりとりは不可欠です。

それにも関わらず、「メッセージの返信が面倒」「未読メッセージが溜まっていく」という状態になっているのは、確実にマッチングアプリに疲れていると言えます。

普段から複数人と同時並行して連絡を取り合うことに慣れていない人に起こりがちな現象です。

自分に自信が持てなくなる

マッチングアプリで思うようにマッチングしない、マッチングしてもやりとりが上手くいかないことが起きたとき、「自分に魅力がない」と落ち込んでしまうことがあります。

自分に自信が持てなくなるとマッチングアプリを開くのが苦しくなってしまいます。

「いいね」を送るのが面倒

マッチングアプリは、気になる異性に「いいね」を送るところからスタートします。その「いいね」を送るのが面倒になったら、確実に「マッチングアプリ疲れ」の状態だと言えるでしょう。

特に、アプリを始めてから毎日制限が来るまで「いいね」を送っていたという人はこの状態になりやすいです。

恋人・結婚への憧れが冷める

「マッチングアプリ疲れ」が溜まってくると、そもそも恋人や結婚に対する気持ちが冷めてしまいます。これはかなり疲れている証拠なので、一旦マッチングアプリから離れてリフレッシュすることをおすすめします。

そもそもマッチングアプリを開くのが面倒

そもそもマッチングアプリを開くのが面倒、という人も「マッチングアプリ疲れ」の可能性が高いです。

「マッチングできない」「アプリ自体に飽きた」など理由は様々ですが、せっかく課金している状態なのにも関わらず、使わないのは勿体ないです。

一度アプリを休会することをおすすめします。

「マッチングアプリ疲れ」になる原因

「マッチングアプリ疲れ」になりやすい人は、いくつかの共通点があります。

現在マッチングアプリを積極的に使っている人も、これらの特徴に心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

スタートダッシュを頑張りすぎた

最もよくある原因は、「スタートダッシュで頑張りすぎた」ことです。

マッチングアプリを始めたばかりのときは、無料で使える「いいね」の数はとても多く、思わず沢山の人に「いいね」やメッセージを送ってしまいがちです。

しかし、1日や2日で恋人ができるなんてことは滅多にありません。

スタートダッシュで頑張りすぎると、「沢山送ったのにマッチングしない」「全然うまくいかない」と心が折れてしまうことが多いです。

マッチングアプリで積極的に「いいね」を送るのは良いことですが、すぐに結果が出るものではない、ということを理解しておくことが重要です。

一人ひとりに真剣すぎる

「マッチングアプリ疲れ」を起こしやすい人で最も多いのが「一人ひとりに真剣すぎる」という点です。

「いいね」を送るたび、マッチングするたびに本気になりすぎていると、相手に軽い気持ちで対応されるたびにストレスが溜まってしまいます。

特に女性は年齢的な焦りなどから真剣になりがちですが、あくまで「所詮マッチングアプリ」程度に思っておくことも重要です。

異性へのハードルが高すぎる

理想が高すぎるのも「マッチングアプリ疲れ」の原因の一つです。

理想が高すぎると、「いいねは来るけれど、理想とは程遠い」「タイプじゃない人とやり取りするのに疲れた」という風に、理想と現実のギャップに疲れてしまいがちです。

理想を追い求めるのも良いですが、せっかくマッチングアプリは様々な人と出会えるのですから、理想のタイプではない人とも交流してみるのも決して悪いことではありません。

思わぬ出会いから、今までの理想とは全く違うタイプの相手に惹かれることだってあるかもしれません。

たくさんの人と同時並行でやりとりしている

マッチングアプリは、同時に何人かとやりとりをするのが基本です。

しかし、その人数が10人、20人と増えた結果、キャパオーバーしてしまうことがあります。

複数人とやりとりをするのは基本ですが、余裕を持って対応できる人数に収めておきましょう。

マッチングアプリに疲れた対処法

ここからは、現在「マッチングアプリ疲れ」を感じている人のための対処法を解説します。

【対処法①】マッチングアプリを退会する

マッチングアプリに疲れたときに1番効果的な対処法は、「アプリを退会する」ことです。

数日マッチングアプリを休むだけでは、メッセージの返信がより気になってしまうだけなので、逆効果の場合があります。

改めて「マッチングアプリを使いたい」と思うまで、一旦マッチングアプリのない生活を続けてみましょう。

【対処法②】使うマッチングアプリを変えてみる

疲れてはいるけれど、マッチングアプリは引き続き使いたいという方は、違うマッチングアプリを登録するというのもおすすめです。

「全然マッチングしない」「理想のタイプがいない」と悩んでいた人も、今まで使っていたマッチングアプリとユーザー層の違うアプリに切り替えた途端すぐにマッチングして恋人ができた、なんてケースも少なくありません。

現在使っているアプリに不満を感じているなら、一度別のマッチングアプリに切り替えてみるのもおすすめです。

【対処法③】本気になりすぎない・気軽に楽しむ

「マッチングアプリ疲れ」を起こさないためには、深く考えすぎないことがとても重要です。

最近ではマッチングアプリで出会って結婚した、という話は珍しくありません。

そのため、マッチングアプリで出会う人に対して、つい身構えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、あくまで「所詮マッチングアプリ」という気持ちを忘れずに、マッチングアプリで出会う相手は「メッセージのやりとりをする友達」くらいに捉えておくことが大事です。

深く考えず、暇つぶし程度に楽しむという気持ちさえあれば、マッチングアプリで疲れることはありません。

まとめ

今回は、マッチングアプリに疲れてしまう人の原因・対処法をご紹介しました。

真剣な出会いを求めている人も、肩の力を抜いて気楽にアプリを楽しむことがおすすめです。

もし疲れを感じ始めたなら、少しアプリから距離を置いたりして自分のペースで楽しみましょう。

今回は、マッチングアプリに疲れてしまう人の特徴や、具体的な対処法を解説しました。

マッチングアプリ疲れは、ストレスの蓄積によって起こるもの。

すぐに疲れが取れることは少ないので、自分のペースでアプリと付き合っていきましょう。

page top